1. HOME
  2. 空中ドローン
  3. 日本から世界へ。日本トップクラスのドローンスクール「JUIDA」
空中ドローン

日本から世界へ。日本トップクラスのドローンスクール「JUIDA」

空中ドローン

「ドローンスクール」このワードを耳にしたことはないだろうか?

今回は日本でもトップクラスの管理団体である一般社団法人日本UAS産業振興協議会(以下JUIDA)を例に挙げたい。

冒頭で「管理団体」というワードが出ていたが、管理団体とは無人航空機の操縦者に対する講習等を実施する講習団体を管理する団体のことを指す。

福島ドローンスクールは東北でもトップクラスの実績があり、東北で2番目の講習団体(JUIDA認定スクール)として活動している。

JUIDA会員数12,088名(2020年3月時点

JUIDAホームページより

こういったドローンに関する管理団体、講習団体は航空局のホームページに掲載されており、管理団体は43団体、講習団体は638団体にもおよぶほど、ドローンスクールは増加の傾向にある。

国土交通省は2017年6月1日から各団体の掲載をはじめており、掲載当初の管理団体は4団体、講習団体は、僅か43団体だった。

今では3年間で管理団体は約10倍、講習団体は約14倍まで膨れ上り、管理団体のひとつである、JUIDAは講習団体で212校(2020年1月調べ)とホームページ掲載団体の3分の1を占めている。

この数字を見ただけでも、日本国内でのドローンの重要性が窺える。

今年に入ってJUIDAインドネシア校が開校した。JUIDAが推奨する安全飛行を重視する講習内容が世界に認められたことになる。

今後もドローン業界の動きから目が離せない。