1. HOME
  2. コラム
  3. 【PowerEggX】開封の儀!防水でコスパ最強といわれるドローンとは?実用編!
コラム

【PowerEggX】開封の儀!防水でコスパ最強といわれるドローンとは?実用編!

さて今回は、水中ドローンで有名なPowerVision社製品のPowerEggXの実用編ということで、実際に飛行してきた様子をご紹介させていただきます。

前回の開封記事は下記からご覧ください。ダチョウの卵に見えてきます!

早速レポートしていきます!この時の天候は曇り、風速は4~5mと良好とは言い難い状況でした。

まず最初にプロポはゲームのコントローラーのように若干軽めですが、握った感触は悪くなかったです。

スティックは結構硬いですね!ラーメンで例えるなら『バリカタ』です!好みが分かれそうですね。DJI社製品のPhantom4シリーズのスティックに慣れてる方は、絶対にビックリしますよ!

それでは離陸させていきましょう!

カメラの性能は4K/60fpsですので、中々綺麗です!そして何よりも飛んでいるシルエットは、とてもキュート!ただ、卵型のボディーのせいか、風が吹きつけてくると、機体のグラつき気になりましたね。正直少し怖かったです。

一度降ろしてセンサー類のキャリブレーションをすることに!

機体の姿勢やグラつきを校正するなら、やはりIMUキャリブレーションですよね!PowerEggXにもキャリブレーション機能が有って良かったです。

では校正(キャリブレーション)していきましょう!

キャリブレーション方法はアプリ上の画面と機体の向きを合わせて動かせば校正出来ます!ご自分の機体をお持ちでキャリブレーションの方法がわからない方は、一度取扱説明書を見てみましょう!

キャリブレーションが終わったので、再度飛行開始!

ん~。あまり変わってないかもしれませんね。風を受けやすいボディのせいか、少し風に弱いのかもしれません。

個人的な感想ですが、耐風性能を差し引いてもお値段以上の性能だと私は感じました!今回は水面離着陸や防水機能を試すことが出来ませんでしたが、機会が有れば水中ドローンとのコラボとかも面白そうなので、撮影に行きましたら是非ご紹介させていただきます!

ご視聴有難うございました。次回も宜しくお願い致します。