1. HOME
  2. 空中ドローン
  3. 一般社団法人農林水産航空協会・DJI JAPAN認定農薬散布スクールの開校式典が開催!
空中ドローン

一般社団法人農林水産航空協会・DJI JAPAN認定農薬散布スクールの開校式典が開催!

空中ドローン

福島ドローンスクールを運営する株式会社スペースワン富久山自動車教習所は、スマート農業分野での「産業用マルチローター」の普及・利活用の推進を目的とし、安全な操縦と正しい知識を持った人材を教育・育成するため、「ジャパンアグリサービス福島教習所・整備事業所(一般社団法人農林水産航空協会認定・DJI JAPAN株式会社認定)」として農業従事者向けのスクールを開校する運びとなった。 それに伴い、2019年7月13日(土)郡山ドローンパーク(郡山市中田町)にてジャパンアグリサービス福島教習所開校式典が開催された。

一般社団法人農林水産航空協会

農林水産業における航空機等(有人ヘリコプター及び産業用無人航空機(無人ヘリコプター及びマルチローター式小型無人機))の利用(薬剤、肥料、種子の散布等に利用する事業)の安全かつ効率的な推進を図ることにより、農林水産業の安定生産、生産性の向上を図り、もってわが国の食料自給率の向上、国民の食の安全、生活・自然環境の保全に寄与することを目的とした団体。

DJI JAPAN

中国に本拠地を置く、世界最大手のドローンメーカーDJIの日本法人。日本国内でマルチコプター・ドローンの企画、研究、製造、販売及び輸入や撮影設備及びその部品の企画、研究、製造、販売及び輸入などを行っている。また、国交省認定の認定講習であるDJI CAMPや農薬散布講習の運営・管理も行い、操縦士の育成にも力を入れている。

 ジャパンアグリサービス福島教習所開校式典

本校(郡山市)では東北最大級のドローン専用練習場内にある農地での実践型教習、Jヴィレッジ校(楢葉町)では全国初となる全天候に対応した合宿型教習施設での教習ということで、それぞれの魅力を持った2校の同時開校となる。 式典では、株式会社スペースワン小林社長の挨拶の後、福島県議会議員 勅使河原氏、ジャパンアグリサービス株式会社水沼社長、DJI JAPAN株式会社岡田氏より祝辞があった。

株式会社スペースワン 小林社長

福島県議会議員 勅使河原氏

ジャパンアグリサービス株式会社 水沼社長

DJI JAPAN株式会社 岡田氏

祝辞後のテープカットでは、農薬散布講習の会場となる郡山ドローンパークが2周年を迎えたということで、管理主である植木様もテープカットに参加。

テープカットが終わると、いよいよAgras MG-1デモフライトがスタート!
操縦士は、郡山ドローンパークオーナーであり、スペースワン所属の植木さん。合図マンはスペースワン長尾さんが担当し、粒剤散布を想定したフライトを行った。

福島県内を中心に多くの方が参加。当初天候が崩れるとの予報だったが、晴間も出て怪我や事故など無く、無事式典は終了した。

DJI社AgrasMG-1での農薬散布のメリット

散布用農機具をドローン(DJI社AgrasMG-1)に変えることにより、以下のメリットが期待される。

  • 作業負担の軽減…ドローンの持ち運び・操作が容易で使用後の手入れも簡単
  • 作業時間の短縮…準備から産業完了まで人の手による噴霧の1/5の時間。1ヘクタールを約10分で散布
  • 高い機動性………様々な大きさの圃場に対応。中山間部や狭小地でも利用可能
  • 正確な散布………レーダーが地形を認識し一定高度を保った低空飛行。農薬を均一かつ精密噴射
  • コストの削減……散布ムラによる薬剤コストも削減可能。

今後ドローンは新しい農機具として日本の農業を変え、次世代農業の土台として大きな役割を果たすことになる。

ジャパンアグリサービス福島教習所講習日程

現在、第1期(8月コース)第2期(9月コース)を募集している。

ご興味のある方には管理されている農地に伺いデモフライト&説明も行っているそう。お問合せは下記から。