1. HOME
  2. 空中ドローン
  3. 2回目のMATRICE300RTKレビュー!~産業機の新しいスタンダード~
空中ドローン

2回目のMATRICE300RTKレビュー!~産業機の新しいスタンダード~

空中ドローン

福島ドローンスクールの新井です。
当スクールで導入したMATRICE300RTK 2回目のレビューをお届けします!

2日目となった検証フライトは晴天に恵まれ、風速も平均1m以下の撮影日和!
前回のおさらいも含めて郡山ドローンパークで存分に機能を確認してまいりました。

検証の場所は東北最大級のドローン専用練習場:郡山ドローンパーク

まずはスマートトラックの精度について。
車のようにある程度捉えやすいものではなく、あえてドローンをトラッキングしてみたのですが、背景が林・森など少し雑然としているところでは途中で追尾が外れてしまいました。

対象物よりもTRACKの枠を大きめに囲っておくと追尾が外れにくい

ただ、スマートトラック発動中に手動でカメラの倍率を変えることでき、その度にある程度テンポよく自動でフォーカスしてくれました。

点検時のように対象物が静止している状態ではよりスマートに作業が進められ、パイロットの操作も非常に楽になると感じます。

トラック中に手動でズームしても、自動で焦点合わせ

ZENMUSE H20カメラの最大200倍ズームについてはこちら。

これだけしっかり見れる上に防水仕様。
重宝しますね。ブレも少なく素晴らしい安定感でした。

99個から最大65,535個と桁違いに増えたウェイポイント。動きもスムーズで効率性が高まったことがわかりました。

ベースはGSPROとほぼ同じ

高解像度グリッド撮影も再確認してみました。
グリッドで指定した後は、マスの数だけ自動撮影。
見たいところがピンポイントで、ワンタッチで見れるのが本当に楽ですね。

前回も実証した高解像度グリッド
2~3分程度で自動撮影後、見た場所をタップすると、このように拡大される

他にも、ビーコンライトの光も遠方からしっかり視認可能だったこと、風速・高度・障害物の情報が直感的に把握しやすいモニタ表示は、これだけも導入の価値ありです。

座標もワンタッチ表示

MATRICE300RTKの魅力はこれらだけにとどまりません。

1080p 30fpsでの最大伝送距離8㎞に対応し、機体・ジンバル操作を取得できる「デュアル制御」は、点検作業でオペレーターから機体が遠く離れても、次のオペレーターがもう一つの送信機を持って操作権限の受け渡しを行えば、作業を継続することが可能になります。

デュアル制御により、離陸地点から8㎞+8㎞で最大16㎞先までの点検作業が可能になる

この機能なら、1回のフライトで山の麓から離陸させ、頂上で撮影することも出来てしまうわけです。最大飛行時間55分、電源を落とさずにバッテリー交換ができる点も強みでしょう。

安全性能も各段にアップしています。
前後・上下・左右 6面すべてにビジョンセンサーとTOFセンサーが搭載され、最大40mから障害物を検知可能になりました。

5月10日に行われた国内実証試験では、非GPS環境下で、さらに下部センサーを無効化した状況でも安定したホバリングが確認されました。業務操作でも高難度とされる橋梁点検で、多くのオペレーターが同じ水準での作業が可能になります。

橋の下は乱気流が起き、GPSが切れやすい

これらの機能は産業用途だけでなく、今後コンシューマー機への実装も期待されています。空撮時の飛行範囲が拡大するだけなく、より安全な運用につながります。

当スクールでは今回、㎝レベルの写真の位置精度を支える「D-RTK 2 高精度GNSSモバイルステーション」と、熱検知を行うサーマルカメラ付きの「H20T」の導入は見送っていますが、これらを揃えることでこの機体は真の能力を発揮するでしょう。

<MATRICE300RTKの主な活用用途>
●巡視・点検
●土木・建設測量
●捜索・救助
●警備

逆に言えば、それら無しの状態でもこれだけの能力を感じることが出来たのは、このMATRICE300RTKが、これまでの産業機体と別次元の違いを生み出し、新しいスタンダードとなったことを示していると思います。

測量・点検分野だけでなく、救助・捜索活動などでも大きな効果を発揮するこの機体が、少しでも多くの方々の手に渡ってほしいと思いました。

当スクールではすでに導入が決まった企業様もおられます。ご検討中の方はぜひお気軽にお問い合わせください。