1. HOME
  2. プレスリリース
  3. コロナによって生活の変わった今、ドローンに何ができるのか!?セキドが6月13日(土)にZOOMによる無料WEBセミナーを開催!「アフターコロナの時代にドローンが必要な理由」
プレスリリース

コロナによって生活の変わった今、ドローンに何ができるのか!?セキドが6月13日(土)にZOOMによる無料WEBセミナーを開催!「アフターコロナの時代にドローンが必要な理由」

今月に入り徐々に収束の兆しを見せつつあるコロナウイルスによる影響。皆様の生活にはどのような変化があったでしょうか。
今回、株式会社セキドがアフターコロナの今、ドローンが私たちの生活にどのように役立てることができるのか、フォトグラファーの別所隆弘氏を迎えて無料WEBセミナーを開催します。


株式会社セキド(本社:東京都国立市、代表取締役:大下貴之)では、6月13日(土)に、セキド虎ノ門開業2周年特別講演としてフォトグラファーの別所隆弘氏による講演会「アフターコロナの時代にドローンが必要な理由」と、DJI製品を使った作品コンテスト「セキド春の撮影コンテスト 2020」入賞作品の講評会をオンラインで開催することとなった。

セキド虎ノ開業2周年を記念して、国内外の写真賞を多数受賞するプロフォトグラファーであり文学研究者でもある 、別所 隆弘氏による「アフターコロナの時代にドローンが必要な理由」をテーマにしたウェブセミナーを開催する。
これから迎えるであろうアフターコロナの時代において、私達の暮らし方、働き方を柔軟に変え、対応していく必要がある。
その中で、ドローンをどのように活用し、私達の生活の中に溶け込み、役立てることができるのか。
性能、価格、安全性の圧倒的な高さで、世界のドローンシェアの大半を握っているDJI社製ドローンの愛用者である、別所氏ならではの切り口で、講演となるだろう。

また、2020年3月から5月17日まで募集してきた、セキド春の撮影コンテストの入賞作品を中心に、1枚の空撮写真に込められた思いやコンセプトを紐解く、オンラインの講評会も同時開催することとなった。
普段、なかなか聞くことのできないプロフォトグラファーの視点から、ライブ配信されるWEBセミナーならではの、ここだけの話にも注目したい。 

さらに、参加者特典も用意されているとのことだ。

■開催概要

詳細ページ】https://sekido-rc.com/?pid=151459212
【開催日時】 6月13日(土) 14:00~15:30
【講師】 別所 隆弘(フォトグラファー / 文学研究者)
【参加費用】 無料
【募集人数】 500名 (定員に達し次第締め切り)
【WEBセミナーツール】 Zoom
【協賛】 DJI JAPAN株式会社

【タイムスケジュール】
  開場 13:45~ / 開始 14:00~15:30

  14:00:WEB講演会「アフターコロナの時代にドローンが必要な理由 」
  14:20:休憩(5分間)
  14:25:受賞作品講評と質疑応答
  15:30:終了

■講師プロフィール

 

 

別所 隆弘
フォトグラファー/文学研究者

 

 

  

National Geographic 社主催の世界最大級のフォトコンテストであるNature Photographer of the Year “Aearials” 2位など、国内外の写真賞多数受賞。写真と文学という2つの領域を横断することで新しい表現領域を模索する。滋賀、京都を中心とした”Around The Lake”というテーマでの撮影がライフワーク。
DJI Mavic 2 グローバル先行ユーザーとしてレビューも行う。

【お申込み方法】
 セキド虎ノ門開業2周年特別講演の詳細・お申し込みはこちら
 URL:https://sekido-rc.com/?pid=151459212

【お問合せ先】
 お問い合わせフォーム:
 URL:https://pro.form-mailer.jp/fms/78ce5f80128711

【注意事項】
 ※ WEBセミナー実施中はお客様側の音声と映像出力はご遠慮いただいてお 
  ります。 当日に関しましては、当社スタッフの指示に従ってください。
 ※ 参加者の方のレコーディングについては禁止とさせていただきます。
 ※ 広報活動のための利用を目的として、主催側のみレコーディングを実施し
  ております。 予めご了承ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【セキドについて】
日本国内において3万社以上の企業や官公庁様と取引実績がある、ドローンの販売並びに各種サポート業務のリーディングカンパニー。ドローンの世界最大手であるDJI社の代理店を日本国内で初めてスタートさせ、現在は東京都虎ノ門と神奈川県横浜市にてドローン総合施設を運営している。
また、これまで1,300回以上の各種セミナーやイベントを全国で開催、延べ15,000名以上の方が参加している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


新しい時代を迎えた今、改めてドローンの利活用について考えるきっかけに参加してみてはいかがでしょうか。