1. HOME
  2. ニュース
  3. ドローンを活用した農業も新しい段階へ!長距離飛行が可能なドローンによる効率化に向けた実証が行われます。
ニュース

ドローンを活用した農業も新しい段階へ!長距離飛行が可能なドローンによる効率化に向けた実証が行われます。

農業分野でのドローンの活用も当たり前になりつつありますが、来たるべき「農業用ドローンによる補助者なし目視外飛行」実現に向けた固定翼ドローンの実証実験が始まります!


株式会社オプティムは、長距離飛行可能な固定翼ドローンを使って、農業分野で初となる補助者なし目視外飛行の実証を、佐賀県において実施します。
飛行実証は公開で、カメラ撮影も可能です。

(写真)今回の実証機 固定翼ドローン「OPTiM Hawk」

1.概要

 農業分野において、現場の人手不足が深刻な問題となっていることから、ドローンの補助者なし目視外飛行を活用することは、農作業の省力化や生産性の向上等の観点から喫緊の課題となっています。
 農林水産省では、令和元年7月に、農業用ドローンの普及拡大に向けた官民協議会の枠組みを活用し、「農業分野における補助者なし目視外飛行実証プロジェクト」の実証プランを募集しました。
 その結果、株式会社オプティムが、農業分野において初めてとなるドローンによる補助者なし目視外飛行を実証することになりました。

 農業用ドローンの普及拡大に向けた官民協議会
https://www.maff.go.jp/j/kanbo/smart/drone.html

2.実証内容(予定)

実証者:株式会社オプティム
実証内容:
 農業用ドローンの補助者なし目視外飛行による農地の空撮
飛行経路:
 北有明場外飛行場より離陸し、北東に6km飛行し、対地高度145mの上空から約225haの農地を数往復し撮影。撮影後は同飛行場まで戻り着陸。
日時:令和2年6月10日  12時00分~13時00分
場所:北有明場外飛行場(佐賀県杵島郡白石町)

3.留意事項

  • 当日は公開で、カメラ撮影も可能です。
  • 取材を希望される方は、当日、記者証を持参の上、腕章を着用してください。
  • 本実証に関する取材およびご質問に関しては、実証者(株式会社オプティム広報担当:村上、連絡先:03-6435-8570)にお尋ねください。
  • 取材を希望される報道関係者は、事前に実証者までご連絡ください。
  • 取材に当たっては、現地担当者の指示に従ってください。
  • 都合により、予定が変更されることがありますので、あらかじめご了承願います。
  • 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、当日発熱等の症状のある方におかれましては、取材をご遠慮願います。また、取材される方につきましてはマスクの着用をお願いします。
  • 詳細については添付資料をご参照ください。

<添付資料>
株式会社オプティムプレスリリース資料
https://prtimes.jp/a/?f=d52804-20200609-7977.pdf

文・画像:PR Times  https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000052804.html


ドローンでの補助者なし目視外飛行は、農業以外でも必要不可欠な条件となっているので、ドローンのまた新たな可能性に期待したいですね!