1. HOME
  2. ニュース
  3. 【水中ドローンが水難救助の大きな鍵となる】会津消防本部の水難救助訓練で実証デモを実施!
ニュース

【水中ドローンが水難救助の大きな鍵となる】会津消防本部の水難救助訓練で実証デモを実施!

福島ドローンスクールの新井です。

2020年6月15日(月)、会津若松消防本部様が鶴ヶ城そばの会津水泳場にて実施した水難救助訓練に、福島ドローンスクールで所有する3種類の水中ドローンによるデモを実施しましたので、こちらの様子をご紹介致します。

会場となった会津水泳場のそばには鶴ヶ城がそびえたつ

会場には多くの報道機関の方も駆けつけており、独特の緊張に包まれていました。

※地元メディアで取り上げていただいた内容は下記URLにてご覧下さい。

FTV:深い所も水温が低い時もおまかせ!水難救助用ドローンの実力はいかに!?会津若松消防本部の訓練
https://news.yahoo.co.jp/articles/19f11ddab4f4b0169c4fa8ae41d853fc5919dcbc
NHK:【NHKふくしま】水中ドローン使用 初の潜水訓練
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20200615/6050010624.html

NHK、福島テレビ・福島中央テレビ、毎日新聞、読売新聞、福島民報などが取材に訪れ、水中ドローンの注目度の高さをうかがわせた
準備する隊員

救助訓練の先発はこちら!CHASING社から発売されているGLADIUS mini、仰俯角上下に45°チルト固定した状態で潜航できることが特徴です。
調査や作業監視に適しています。

GLADIUS MINIが水中ドローン元年と呼ばれる2019年をリードした

続いてはQYSEAから発売しているFIFISH V6Sです。特徴は360°の可動域を持ち、後付けアームを駆使し、物を持ち上げることが可能です。
今回はアームを使って救助者に見立てたストレッチャーを隊員と協力してプールサイドまで引き寄せました。

アームで掴んでいる様子

最後はCHASING社から今年の7月に発売予定のCHASING M2になります。
FIFISHと同じ360°の可動域を持ち、後付けアームや、LEDフラッシュ等の換装が可能に!
従来のコンシューマー向け水中ドローンは内部バッテリーであるため、稼働時間が制限されていましたが、こちらのCHASING M2はバッテリーの交換が可能!長時間の作業にも困りません。

8つのスラスターで自在で細やかな動きに対応

こちらのM2では、ストレッチャーを引き上げることに成功しました。

会津若松消防本部様では水中ドローンの導入を検討しており、訓練終了後には、隊員の方に水中ドローンの取扱いについて説明し、ドローンの操縦を体験していただきました。

水中ドローンを活用した今回の水難救助訓練には、テレビ局や新聞社が取材に来られ、当日のニュースや翌日以降の新聞でも取り上げていただき、各メディアでも新たな取り組みとして大きく取り上げていただきました。
消防隊の方々も実際に操縦の体験も行い、実際の現場で利用する上での水中ドローンの可能性を実感いただいていたようで、熱心に質問をしていただきました。

今回は、CHASING GLADIUS Miniと最新アーム付き機種のCHASING M2、FIFISH V6sを使用し、救助現場での状況確認と引き上げ補助の検証を行いましたが、水中で隊員を補助できる作業はまだまだあるのではないかという可能性を感じました。

我々福島ドローンスクールは地元自治体や様々な団体と連携をとり、これからも新しいドローン・水中ドローンの可能性の検証と正しい使用方法の啓もう活動を通して、ドローン・水中ドローン産業の発展のに尽力して参ります。
ご興味ある方、企業様はお気軽に下記フォームよりご相談下さい。

https://fukushima-drone.com/guide/contact/