1. HOME
  2. 空中ドローン
  3. 台風19号被災状況調査の実施。河川の氾濫から一夜明けた現場の被害状況とは。
空中ドローン

台風19号被災状況調査の実施。河川の氾濫から一夜明けた現場の被害状況とは。

空中ドローン

令和元年台風19号

2019年10月6日3時頃にマリアナ諸島の東海上で発生した、この台風19号だが、12日に日本に上陸した後、関東地方、甲信地方、東北地方などで、記録的な大雨をもたらした。

この天災を受けた福島県もまた、河川の氾濫、決壊などの甚大な被害を受けていた。

被害調査

株式会社スペースワン(以下スペースワン)は連携協定を締結している郡山市、須賀川広域消防からドローンでの被害状況調査要請を受け、郡山市・須賀川市・鏡石町で氾濫した阿武隈川・釈迦堂川周辺の現地調査へ向かっていた。

◆郡山市立第四中学校周辺
 今回氾濫した阿武隈川に近い郡山市立第四中学校はかなりの増水が見られた。

◆郡山市河川事務所周辺
 阿武隈川が氾濫し周囲の住宅などの浸水が見受けられ、スペースワン(福島ドローンスクール)と親交のある富久山自動車学校福島ドローンスクール郡山校)も甚大な被害を受けていた。

◆日大東北高校周辺
 夏の全国高等学校野球選手権大会に過去7回出場している日大東北も阿武隈川が氾濫し、校舎・校庭が浸水していた。

◆郡山市鬼生田小学校周辺
 鬼生田小学校自体は被害を受けなかったものの、周辺の住宅は被害を受けていた。

◆須賀川市浜尾周辺
 阿武隈川が氾濫し、住宅・水田等が被害を受け、13日時点でも取り残された住人を、多くのヘリが救助作業を行っていた。
 他にも須賀川消防周辺、鏡石町成田周辺、須賀川市和田周辺を調査していた。

◆郡山市富久山クリーンセンター周辺
 郡山市にある2つのごみ焼却施設のうちの1つである富久山クリーンセンターが浸水。現在も業務休止となっている。

◆郡山市田村御代周辺
 13日時点では水位は減っており、既に清掃を行っている住人も見受けられた。

◆郡山市安積町笹川周辺
 調査中に道が寸断されてしまうほど、深刻な被害を受けた地域だった。

翌日の14日には、「ヒゲ隊長」の異名を持つ佐藤正久参議院議員と、川前光徳郡山市議会議員がスペースワンを訪れ、調査結果をもとにいろいろと情報交換をしたそうだ。

スペースワンのコメント

この度の台風19号により、お亡くなりになった方々に心よりお悔み申し上げます。
また、被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。
弊社としては、今後もこういった災害時に私共の持てる力を存分に活かす為、消防の皆様との連携強化に取り組んでいく所存です。