1. HOME
  2. プレスリリース
  3. 【ドローンで屋根点検】足場不要の屋根点検サービス『ヤネラボ』 が台風シーズンを前にサービスエリア拡大。関東全域でサービスを開始。
プレスリリース

【ドローンで屋根点検】足場不要の屋根点検サービス『ヤネラボ』 が台風シーズンを前にサービスエリア拡大。関東全域でサービスを開始。

台風シーズンには欠かせないサービスになりそうですね。


株式会社SPC (栃木県宇都宮市 代表取締役 井上博貴)は北関東初のドローン調査サービス『ヤネラボ』を関東エリア全域へ拡大することを発表。

ドローンで課題解決

https://yanelabo.com/
『ヤネラボ』はかつて足場を建てなければできなかった屋根点検をドローンで行うサービスです。はしごが かけられない場所、人が登れない急勾配な屋根でもドローンが撮影してくれるので安心です。

様々な不安があった屋根点検。ドローンなら目視よりも家全体を細かく点検できる上、人手がかからないので点検コストが割安なのが特徴。

また、万が一損傷が見つかった場合、火災保険を利用すれば修理の費用負担が少なく抑えられる可能性もあります。(大規模修繕の場合、部分的に保険適応外になる可能性があります)

<不動産オーナー様の不安>
・はしご点検の精度の低さ。
・人が行けず点検できない場所がある。
・足場の費用負担が大きい。
・点検者と屋根の距離が近すぎて俯瞰して確認できているのか心配。

<火災保険が利用できる可能性も>
ほとんどの不動産オーナー様が加入している火災保険でお得に修理できることがあります。『ヤネラボ』では点検から図面作製、修理修繕までワンストップで行う為、申請手続きがスムーズです。

<コロナへの対応>
お客様とご一緒に点検を行うこともできますが、お客様との接点を一切なくした、立ち合いなし点検も行っています。詳細はお問い合わせの際にご確認ください。
https://yanelabo.com/

火災保険 適応事例多数あり

幕板の剥がれ、雨どいの歪み、つまり、大棟のズレ、ストレート屋根の浮きなどを発見、火災保険にて修理修繕いたしました。

ドローンからの俯瞰撮影の為、色々な角度から屋根を確認、損傷箇所を的確に発見することができます。
https://yanelabo.com/

実際の調査について

ヤネラボは万が一の事故に備えて「ドローン保険」に加入しています。ドローン保険なしで墜落事故があった場合、費用的な損害だけでなく、近所の皆様にもご迷惑をおかけしてしまいます。ヤネラボはドローン保険に加入しておりますので万が一の時も安心です。

安全・安心・短時間の点検方法
ヤネラボでは屋根点検にドローンを使用することにより、リアルタイムで撮影画像を画面上で確認することが可能です。お客様と担当者が一緒に屋根の状態を確認できるので、安心して作業をお任せいただけます。また、屋根に上る手間がなくなったことで、落下の危険性もなくなり作業時間も大幅に短縮することができました。

関東全域 対応エリア拡大

ヤネラボのサービスは茨城県から始まり栃木県、群馬県と対応地域を増やしてきましたが、この度、問い合わせの多かった東京、神奈川県、埼玉県、千葉県まで関東全域までサービス範囲を拡大いたします。持ち家のオーナー様だけでなく、マンションオーナー様、工場オーナー様など、皆様の大切な資産価値維持へ私たちの経験を活かし少しでも貢献できればと考えています。

社会の課題を解決する

『ヤネラボ』の最大のミッションは社会貢献です。近年、全国各地で自然災害が発生し、大きな被害をもたらしています。その影響で全国的に屋根工事の依頼件数も高まっており、屋根職人の人手不足が深刻な問題となっています。ドローンの空撮調査による屋根点検は、そういった職人不足問題を解消する手助けにもなっております。これまでの経験の蓄積によりドローンを使ってスピーディーかつ安全に点検を行えるようになりました。その結果、屋根職人は修理工事に専念でき、人手不足解消につなげることができています。
事業拡大により、多くの不動産オーナー様に点検サービスをご活用いただくと共に、修理関連企業様が効率よく働ける機会を作り出していこうと考えています。