1. HOME
  2. 空中ドローン
  3. 郡山市中央公民館でプログラミング体験会開催
空中ドローン

郡山市中央公民館でプログラミング体験会開催

空中ドローン

郡山中央公民館・勤労青少年ホーム

東日本大震災により被災し、取り壊された旧中央公民館・勤労青少年ホームを合築により建て替えられた施設であり、2015年4月にオープンした。

多目的ホールには500人収容可能と本格的な音楽ホールとしても活用できる利便性溢れる建物だ。

株式会社スペースワン(以下スペースワン)は、こちらの多目的ホールで2018年12月27日(木)小学校低学年・高学年の子供たちを対象にドローンを活用したプログラミング体験会を行った。

体験会当日は午前・午後あわせて30名の小学生が参加し、応募数は約5倍にも及んだそうだ。

体験会内容

体験会の最初は簡単なドローンクイズから始まった。クイズの内容は至ってシンプル。ドローンの飛行スピードや飛行可能高度などの基本スペックに関わるものだった。オモチャのドローンも市販されていたり、テレビ番組で使用されることも多い為か、ドローンの認知度が高く子供たちは中々の正解率だった。

続けてプログラミング体験である。 5人1組の班に分かれ各班でアイディアのあるプログラムを組んでいた。

プログラミングを成功させるためには、チームワークが大切になってくるが、今回参加した子供たちは同じ学校に通っているわけではなく、郡山市内全域から参加した子供たちで、顔も知らない即席のチームで、意見を出し合い、お互いを尊重し合いながらプログラミングを組上げられるかがポイントになっている。

しかしこの高度な内容でも、いとも簡単にこなし、「遊びと学び」が完全に融合された、とても有意義な時間過ごせたのではないかと思う。

プログラミングの仕組みやチームワークの大切さを学ぶための、一つのきっかけ作りに、このような体験会は欠かせないのかもしれない。

スペースワンへのお問合せは下記フォームをご覧下さい。