1. HOME
  2. 水中ドローン
  3. 日本初!洞窟での水中ドローンを活用した調査!あぶくま洞・入水鍾乳洞!
水中ドローン

日本初!洞窟での水中ドローンを活用した調査!あぶくま洞・入水鍾乳洞!

水中ドローン

2019年7月12日、福島県田村市にある「あぶくま洞」と「入水鍾乳洞」にて株式会社スペースワン(以下スペースワン)が驚くべき調査を行った。

洞窟、鍾乳洞内を水中ドローンを使用しての調査

なんと、水中ドローンGLADIUS miniを使用しての洞窟調査だ。
洞窟で水中ドローンを活用した調査は、おそらく日本で初めて、そして世界初?かもしれない。

 

あぶくま洞

あぶくま洞は、およそ8,000 万年という歳月をかけて創られ、全長は600m、鍾乳石の種類と数の多さでは東洋一ともいわれている。

潜行できそうな場所を探しながら進んでいき、人が立ち入れる場所の最奥に到着。そこに少し水深の深い場所があったので、Gladius miniを潜行。

しかし、残念ながら水中でも行き止まりとなっており、それ以上は進めず、断念となった。

 

入水鍾乳洞

入水鍾乳洞は、本格的なケイビングの醍醐味が味わえる鍾乳洞。

全長約900mもあり、B・Cコースに至ってはライトが必要になり、よつん這いになりながら進む必要があるため、全身水に濡れる覚悟で挑まなければならない。

今回はCコースの最奥を目指しつつ、先行できそうな場所を探しながらの調査となった。

そこで、人が進むには難しい場所に突き当たり、そこからがようやくGladius miniの出番。

ここでは、かなり奥まで進ませることができましたが、かなり狭い場所が出てきてしまい、それ以上進むのは不可能との判断となった。

今回の調査で、水中ドローンの可能性がまだまだ眠っていると感じた。スペースワンは水中ドローンの新たな活用方法の開拓を進めていくという。